〜ムスメのこと、大好きなことイロイロ〜 ていねいな暮らし。日々感謝。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ありがとう。

いつも私の心に寄り添ってくれてありがとう。
その日はちょっと落ち込んでいた日だったから、特に心に染みたよ。


ありがとう、って。
いつもお礼を言いたいのはこちらのほう。



コメ派のおとうちゃんまで気遣ってくれて、ありがとうね。


早速、翌朝、シンプルに。
優しさがしみわたるお味噌汁。




ちょっと肌寒かった日。あったまったよ。
色合わせ、クリスマスみたいだね。



2年。

あれから2年がたちました。


私にとってあの3.11は阪神淡路のときを強烈に思い出す出来事。

あの時の自分を思い出して胸が痛み、

それを3.11で被災された方々に重ね合わせてさらに胸が締め付けられました。




普通に生きていられることは幸せなこと。

だからなんでもない日々には、できるだけ笑っていよう。

そう思います。




ラナンキュラス エムラベンダー。

変換したら「笑むラベンダー」って出てきました。

ラナンキュラスも笑ってくれているんだね。ありがとう。



*****



あなたの感謝と希望と自信にあふれた最高の演技、

心の底から願っています。

被災の日から2年。どれだけ痛み苦しんだことでしょう。

今シーズンのラスト、最高の笑顔で締めくくれますように。


母の日いろいろ。

なかなか更新できずにいました。

毎日バタバタして、心もゆらゆら。
シャキッとしなくては。

***

母の日。
ムスメから素敵な贈り物をいただきました。



ちいさなちいさな花束に、
一輪のピンク色のカーネーションとカスミソウ。

「ん、どじょー」と言って渡してくれました。

ありがとう。ありがとう。



きれいだねー。

まだ「ママ、ありがとう」とは言えないけれど、
というか、「ママ」すらまだ言えないけれど(笑)、
雑になっていた心がほどけました。

いつも、おかーちゃんに元気をくれてありがとう。



花瓶は、リサ・ラーソン。
ずっと欲しかったのだけど、ネットでは品切ればかりでなかなか出会えず。
先日、家族でウィンドーショッピングをしているときに偶然見つけ、
「あー、これずっと欲しくて探してたやつ。でも今日はお札1枚もあらへんわ・・・。」とつぶやいていたら、
母の日に、主人が買ってきてプレゼントしてくれました^^*

こちらもありがとうです。

***

最近のおやつは、
晩御飯をこしらえながら作れるなかしましほさんのおやつ。
翌日のぶん・・・といいながら、寝る前につまんでしまうのですが。





ラム酒の効いたこちらのケーキはワタシ用。
オフィスに持参して、パソコンをパチパチたたきながらほおばってます(-_-;)

春。

春の息吹をゆっくり感じる余裕のないまま、
気づけば5月ももう目の前。

春のおすそわけをたくさんいただきました。



おさしみ、お吸いもの、炊き込みごはん・・・
毎日、美味しくいただいています。


そして、玄関先のチューリップ。



いろいろ植えた中で、今年の一番のお気に入りちゃん。
ビタミンオレンジに元気をもらえる「バレリーナ」。
すっと細くのびる輪郭に、チュチュのようにふわりと開いた花びら。
とってもかわいいです^^。

***

人生ではじめて、骨にひびを入れてしまいました。
むらさき色になってぷっくりと腫れた痛々しい足の小指。
情けない。笑えない。

当て木をするとスリッパ生活になるため、
薬指を当て木代わりにして、ギュッとテーピングしています。
(もちろん自己判断ではなく、病院でレントゲンを撮って、
先生のアドバイスのもとでそうしています♪♪)

びっこひいて歩かなければならないものの、
なんとか靴もはけるし、歩けるし、自転車にも乗れます。ホッ。

やっぱり厄年の威力でしょうか・・・?

このごろ。

こんばんは、ashachkaです。

どうも、4月に入って、
スパーン!!と新しい生活へのリズムが整わず、
調子がくるってしまっているこのごろ。

***

ムスメは、熱が下がったものの、
処方された抗生物質がお腹をゆるくしているようで、
かなり激しいOPP状態です。
ゴロゴロ聞こえたと思ったら、すぐに替えないと漏れるので、
1日で15枚以上オムツを消費する毎日。
夜中も5,6回は替えています。
うー、Lサイズは減りが早いな・・・。
それでも何度も漏れているので、洗濯も追いつかない・・・。

そして、食欲がない・・・。
元気がないのは食べないせいですね、きっと。
無表情で無気力。ただただ脱力して、抱っこされている感じの毎日です。
なんでもいいから食べてほしいので、
ムスメ的にかなりわがままな食生活にしていますが、
いつもは大好きなプリンやヤクルトも嫌がるので、対処しあぐねてます。
とりあえず、フルーツならよく食べてくれるほうなので、
毎食、フルーツ盛り合わせがメインディッシュ。
お見舞いにフルーツバスケットって理にかなってるんだなぁー。うんうん。

月曜日は保育園、行けるかしら。。。

***

私も、ムスメの風邪菌のせいか、体調すぐれず。
ムスメに風邪菌を戻さないようにマスク生活です。
気合とリポビタンD(おやじかっ!!)でなんとか乗り切っていますが、
週明けからのフル勤務に大きな不安が・・・。

縫いモチも全然上がらず、10日間くらいミシンに触れていません・・・。
なんか、魂が抜けてしまって。
こういうときは素敵なものは生み出せないとおもうので、あえて無理せず、
ゆっくり縫いたい気持ちを待つことにしようと思います。

***

外は満開の桜。

はやく母娘共々元気になって、新しい生活のテンポを確立し、
颯爽とした暮らしをおくれるようになりたいです。

あれから1年。

心に秘めた想いはあるけれども
それをうまく言葉にできないのです。

わたしがどんなにうまく文字にしても
被災地の方々にとってはペラペラに思えてしまいそうで。

でも心は寄り添っているつもりです。
心よりお見舞い申し上げます。

***

小さなことでいいから。
ほんとうに些細なことでいいから。
すこしの幸せを感じるまいにちを。



というよりも。

どんな些細なことも、どんな小さなことも、
幸せだと感じ、感謝できるひとでありたいです。





しっかり足元をみつめて。



そして前をむいて進んでいきたいと思います。


ciao!

先日、素敵なお洋服が届きました。



あつかましくも、ciaoさん にお願いして仕立てて頂いたフリル襟スモック。
ムスメ用。80サイズです。
リバティはEliza'sのピンク。



実は昨年からずっとコンタクトを取っていながら、
生地に悩んでしまい、年末の慌ただしさにすっかりオーダーしそびれ、
ようやく2月になってお願いできた、年またぎスモックです(笑)。

渋好きで、可愛らしくも少しクールなものが好きな私にとって、
このEliza'sのピンクは少し冒険。
でもあえて、可愛いっ!!というものをムスメに着せたい気分だったので
こちらを選ばせていただきました。
お花が咲いたところではなくて蕾というのもまたツボです。


自分がハンドメイドをするからこそ、より、
ハンドメイドの温かさ、そこに込められたお気持ちがよくわかります。
ciaoさん、ほんまにありがとうでした^^。
ムスメも私もじーじばーばも、本当に喜んでいます。

***











最後は中指の立った大爆笑で〆ます(笑)。

たくさんのおひなさま。

玄関のせとものおひなさま。




キャビネット上のはまぐりおひなさま。
(母の手作り)




そして、友人からの素敵なおひなさま。




いっぱいの愛に包まれて、2回目のお節句を迎えられました。
ありがとうございます。

今年も。

ashachkaのオークション、今夜21時台より順次終了です。
どうぞよろしくお願いいたします。

***


今年もつくりました。


その壱。



DECOチョコ。
毎年、この時期にチロルってます(笑)。

他人様にお渡しするのには親バカすぎるかな、と思いまして、
主人と親戚専用です。
実家では、去年渡したものをいまだに食べずに飾ってあります(笑)。
なので、飾る用と食べる用を用意しました。
(それもどうかと思うけど・・・。)


その弐。



毎年2回、1月と7月の大仕事。
ムスメのアルバム作り。これで3冊めです。
いつもこちらにお任せしてます。

写真を選ぶ作業中、
ちょっと油断してじっくり見始めると止まらないので、
ここは心を鬼にして、集中して一気に編集するのがコツ。


2点セットで、バレンタインギフトとして実家におくります。

1.17





現在出品中のオークション、本日21時台終了です♪
よろしくお願いします〜^^。

そして、FU-KOさんのショップも本日21時、明日10時オープンですね〜☆
こちらもみなさんお忘れなく〜!!
王子さまアイテム、超ステキです!!!

***

昨日は、阪神淡路大震災から17年の日でした。

私は当時山陰にいたので大きな被害をうけることはなかったのですが、
それでもかなり揺れを感じて怖い思いをしました。

長い年月をかけて人々が創りあげてきたものや、人々の生活を支えているものが、
一瞬にして形をなくしてしまう、形を変えてしまう、
その恐ろしさはひどく大きいものでした。

火の海、がれきやコンクリートくずの山、ひん曲がった道路や落ちかけのバス。
まるで時間がそこで止まってしまったかのようでした。

ですが、今ある神戸の街、伊丹、尼崎・・・。
時は止まったのではなく、確実に進んでおり、
人々の努力によって、街は新しく美しく再建されました。

心の傷は大きいもので、決して癒えることはないけれど、
それでも前向きな気持ちがここまで復興を導いたのだと、そう思えます。

そして、昨年の東北大震災。
昨日は東北大震災の被災者もともに神戸で祈りをささげてくださったそう。
きっと東北も素晴らしい街に生まれ変わるはず!!

人は助け合って生きる生き物。
他人への思い遣りと感謝を忘れないこと、そう心に刻んだ1日でした。